ScoutCheckerとは


回路図チェックするためのツールです。

と言ってもルールは自分で作る必要がありますし、全自動といったツールではございません。

ただし、目的はあなたがここを開いた目的と同じです。

回路の間違い無くし、基板改版回数減らす為のものです。


ネットリストの可視化例

  • 特定Pinの接続状態を目視化。
  • 員数でOPENなどが分かります。
  • 複数基板をまたいだ接続も表現出来ます。
  • 電源Pinに期待される電圧が供給されているか?
  • 電源ラインがGNDとショートしていないか?

出来ること

設計意図と実際の状態(ネットリストや部品表(BOM))を比較することが出来ます。

  • ネットリストから接続を可視化し、多面的に設計意図と実際の状態を比較出来る。
  • 設計意図の電源供給を入れて予定通り各デバイスが駆動されるかが分かります。