作者が実際に使用している状況


  • まず、アートワークスタート前に一回通してみる。
  • 回路図CAD上とは違い、ネットを追い掛けるチェックなので、また違った側面からのチェックが行える。
  • 特に、回路CAD上の表記ミスなどでNETリスト上で繋がっていないなどの事故をこれで未然に防ぐことも出来ます。
  • アートワーク中も、アートワーク屋さんとの打ち合わせ時に結果HTMLで結線を見ながら話をする。
  • 実装基板が上がってきて、電源投入後、異常がある場合、異常箇所を確認するために結果HTMLの結線情報を見る。
  • FPGAのピンアサイン情報を作るために結果HTMLからFPGAのピンリストを抜き出し
    エクセルに張り、qsfファイル作成に使っている。
  • FPGAのピンアサインほぼ互換なセル数違いについても、BOMで型番を変えてこのツールを通せば違いを見ることが出来ます。
  • Netリストビューワとしても結構便利、電源IC出力が何を挟んでどのデバイスに供給されているかが一目瞭然。
  • 正直、回路図CADの絵では、ページをまたぐだけで見づらく成る上に、
    基板間接続を確認するには、何ページもページをめくることになり、結構大変。
  • NETリストを確認するのが確実ですが、これも追い掛けるのが大変。
    アートワーク前のチェックだけじゃなく、デバッグ時の基板を跨いだ結線確認に便利です。