自己紹介

私、sugaularは本業は映像系のエレキ開発者で17年間やっています。

恐らく同業の方も同じだとは思うのですが、業務はほぼ毎日夜遅くにまで及び、こういう開発業務が好きだから何とか続いてるという状況です。

こういった開発業務が夜遅くまで掛かってしまう一番の要因は予期せぬ現象が起きる、そして、それを潰すことがメイン業務になっているからだと思います。

私は、もともとが無精者で、この業務を何とか効率上げて楽したいと考えていたのですが、メイン業務の部分は、予期せぬ現象を減らそうとすると、新しい何かにチャレンジしてない事であり、それを潰す業務自体の効率化も未だアイデアはありません。

恐らく、こういう厄介事を抱えることが開発者の宿命なのかもと考えています。

そこで、その他の業務の効率化に目を向けたのですが、

基板ミスによるロスの大きさが尋常じゃない。

基板をミスするだけで、基板起こしのイニシャルコスト、開発期間のロス、機会損失あらゆる要素にロスが出ます。

基板ミスさえしなければ、他の効率化なんてどうでもいいくらい。

これに気づいてからというもの、ぼくが一番エネルギーを割くのは、基板起こし前の回路図設計と、その回路の事前実証実験、アートワーク出力のチェックになりました。

一番気をつけているだけあって、今ではミスによる基板改版はほとんど起きなくなりました。

今や、簡単な修正なら最初の基板起こしから、動くと見越してOEMのお客様が量産ロットの注文入れてくるくらいになりました。

そして、社内の同僚の状況を改めて見なおしてみたのですが、驚くほどポカミスによる基板修正が多い。

どうしてなんだろうと考えることもありますが、どうしてもチャレンジ要素の部分にエネルギーを必要とするので、しょうがないのかなと。

自分だって尋常じゃないエネルギーを割いてるし、ちょっと気を抜けば簡単に起きうる話。

 

基板起こしミスを無くせば、みんな幸せになる!

 

これが、このツール及びこのサイトをつくろうと思った発端です。

少しでもエレキ技術者に時間的余裕を!プライベートの時間を!家族との時間を!

これをモットーに活動を続けて行けたらと思っています。